開ける際に注意が必要

ラブレットをつける時の注意

ラブレットは、簡単に言うと顎ピアスです。 下唇の下の中心の部分につけます。 ラブレットは他のピアスと違い、見せる部分はキャッチです。 形状にも工夫があり、唇と歯の間に収まる金属が平らになっています。 ラブレットは適切に着用すれば誰でも楽しめるものです。 しかし、口は呼吸や咀嚼に関わる大切な場所です。 また、口の中はたくさんの最近があり炎症が起こりやすい場所でもあります。 着用の場合は以下のことに気をつけてください。 まず、ピアッシングは医療機関で行って下さい。 医療機関で行うことによってトラブルを避けられることが多いです。 つぎに、ピアスの穴が定着するまで、喫煙を控えるようにしてください。 普段よりも口の中を清潔に保つようにしてください。

口ピアスの名称と位置

ラブレットの他にも口のまあリにつけるピアスはいろいろあります。 いくつかの名称とつける位置を紹介します。 まず一つ目は、マドンナとモンローです。 上唇と穴の間にピアスをします。 自分からみて右側をマドンナ、左側をモンローと呼びます。 歌手のマドンナとマリリン・モンローのほくろの位置が名前の由来です。 二つ目は、デューサです。 上唇と鼻の間の中心にピアスをします。 三つ目は、チークです。 口から少し離れた頬のところにピアスをします。 裏側がフラットになっているピアスをする場合が多いです。 四つ目は、リップです。 下唇の周りにsるピアスです。 サーキュラーやスパイラルを着用する人も多いです。 いろいろなアイテムでボディピアスを楽しんでください。