後世に残せる思い出の品 | 男にとってとてもロマンを感じる商品【ブランドを買うんど】

後世に残せる思い出の品

お互いの絆の印

ジュエリーをオーダーまたは新調する時は、ブライダルや結婚式、節目の記念日にプレゼントすことが多いです。記念日は世界各国で違いますが、記念日などに妻や彼女にプレゼントすることは共通していえます。ジュエリーはお互いの絆を深める意味合いもありますが、日本では記念日を祝う習慣があまり定着していないため、記念日は旅行にいったり食事会にいったりという習慣も多くみられます。しかし、最近は10年目や25年目の銀婚式、50年目の金婚式にジュエリーをオーダーする夫婦も多くなってきています。

低予算でオーダー

ジュエリーのオーダーには、フルオーダーとセミオーダーというのがあります。フルオーダーは主にマリッジリングやエンゲージリングの時に全て指輪の素材から宝石まで自分で選択してフルカスタマイズすることができ思い通りのジュエリーをつくることができます。逆に既に結婚している人であれば、記念日や節目に今手元にあるジュエリーを使用してセミオーダーで新たなデザインに施して製作することができます。ジュエリーに新たに命を吹き込み、再利用して絆を深めていきましょう。製作費用も持ち込みで製作するため価格もフルオーダーに比べると予算内におさえることができます。

リペアして使用

オーダーで注文することができるジュエリーショップでは、製作だけでなく修理もおこなっているショップも存在します。ジュエリーは高額なため、壊れたり使用できなくなる都度購入することはできません。また、ジュエリーは思い出のあるものばかりが多く、修理して再利用し残していくことも大切です。